CHALLENGE

一次審査

コアントローは、オレンジピール、アルコール、水、砂糖の 4 つの 原材料のみというとてもシンプルに造られている 100%ナチュラル なオレンジリキュール(トリプル・セック)ですが、その品質は非 常に高く、様々なクラッシックカクテルのオリジナルレシピにブラ ンド名で記載され、350 種類以上のカクテルに使われるなど、世界 の偉大なリキュールのひとつです。コアントローのスタイル、キャ ラクターは、シンプルでエレガントでタイムレス。

課題

『コアントローを含めた 4 種の材料のみを使用した、
新しいコアントローのオリジナル・カクテル』を創作してください。

CHALLENGE RULES

チャレンジ規定

ENTRY 応募
  1. 応募は、1人 1 カクテルのみ。公式ウェブサイトでのエントリーが必須になります。
  2. 必ずご自身で考案されたオリジナルカクテルをご応募ください。盗用が発覚した場合は失格となります。
  3. 応募作品の名称、レシピ、写真などの一切の使用権利は RÉMY COINTREAU JAPAN 株式会社に帰属し、販促等に使用 させていただく可能性がございますので予めご了承ください。
  4. 審査結果に関するお問い合わせには応じかねます。応募書類は返却いたしませんので、予めご了承ください。
  5. カクテル名は倫理上相応しくないもの(麻薬、中毒、セクシャルを思わせる表現など)は禁止いたします。
INGREDIENTS 材料
  1. カクテルはコアントローがベースである必要はありませんが、コアントローが「ハート・オブ・カクテル」(カクテルの味 を決める、中心的存在)となるものにしてください。
  2. 自家製でないプレミックスの使用は不可です。自家製のインフュージョン、シロップ、ジュース、ピューレは使用可能です。 4つのうち、1つの材料のとしてカウントしますが、そのレシピはすべて各容量とともに明記してください。 また、卵白とビターズに関しては、コアントロー4x4チャレンジにおいては、4つの材料にはカウントされません。
  3. ガーニッシュと柑橘のゼストをスプレイしフィニッシュの香りづけに使用するものは、4つの材料には含まれません。
  4. カクテルに使用できる材料は、フルーツジュース、シロップ、ドロップやダッシュも材料1としてカウントします。 ※カクテルのガーニッシュと柑橘のゼストをスプレイし香りづけに使用は除く。
  5. 使用する材料は、レミーコアントローの商品だけに限定しておりませんが、弊社に同カテゴリーの商品がある場合は、 必ず使用してください。
    <対象商品>
    トリプルセック|オレンジ・リキュール:コアントロー | ノワール | ブラッド・オレンジ
    コニャック:レミーマルタン VSOP | XO
    ジン:ザ・ボタニスト
    ラム:マウントゲイ ブラック・バレル | XO
    シングルモルト・スコッチウイスキー(ノン・ピート):ブルックラディ・ザ・ラディ・クラシック|ブルックラディ アイラ・バーレイ
    シングルモルト・スコッチウイスキー(ピーテッド):ポートシャーロット スコティッシュ・バー レイ | ポートシャーロット アイラ・バーレイ / オクトモア スコティッシュ・バーレイ | オクトモア アイラ・バーレイ
  6. レシピには、対象商品を30ml以上使用してください。カクテルのアルコール度数は40%未満にしてください。
RECIPES レシピ
  1. カクテルは、合計 90ml 以上で作成してください。ショートスタイル、ロングスタイルは問いません。但し、ショット、 ホットカクテルは不可となります。
  2. 容量単位は「ml」で記載してください。ビター、ソースなどは「ダッシュ」「ドロップ 」「tbs」も使用可能。 「ライムを絞り入れる」などの表記は不可とします。正確に容量を記載してください。
GARNISHES ガーニッシュ
  1. ガーニッシュは、食用に限ります。但し、スティック、スキューア、ストロー、フォークなど使用は可能です。
JAPAN FINAL 日本ファイナルについて
  1. バーテンディング・プレゼンテーションの時間は 5分です。時間は厳守となります。5分間の終了時間になりましたら、 作業が途中でも中断して頂きます。時間内にて完成しているかどうかは、審査判断の基準となります。
  2. バーテンディング・プレゼンテーションでは、カクテルを4杯分用意してください。1 杯はプレゼンテーションと写真 撮影用、もう 3 杯は審査用(シェアスタイル)です。
  3. バーツールやカクテルグラスなどは、ご自身でご用意ください。氷は主催者にて用意いたします。
  4. 実技審査では、カクテルメイキング中の審査員や観客に対するプレゼンテーション、マイクパフォーマンスも重要な ポイントとなります。
  5. パフォーマンス中に、倫理上相応しくない言葉づかいがあった場合は、失格となります。

JUDGING CRITERIA

審査基準

味と香り
味、香り、舌触り(食感)、余韻、バランス
プレゼンテーション
見た目の美しさ、テーマやストーリーに沿ったものか
ブランドに対する知識
コアントローの歴史やストーリーからどのように着想し、カクテルに結びつけたか
技術
バーテンディングの技術が、専門的で高度であり、さらに革新的であるかどうか
プレゼンテーション
カクテルメイキング準備から、プロフェッショナルなプレゼンテーションができているかどうか
アピール
カクテルそのものや、その背景にあるストーリーは、魅力的でわかりやすいか
バーテンディング(カクテルメイキング、トーク、サービス)は楽しむことができたか